真珠.png

2014.10.14

レチノール入りの化粧品は危険か?

化粧品に含まれるレチノールという成分をご存じですか?

レチノールとはビタミンA1のことなのですが、ターンオーバーを促進し、シワやたるみに効果的だと言われています。

でも、このレチノールという成分、有名企業の製品でトラブルが発生して問題になったことがありましたね。

私自身、レチノール入りの化粧品を使って肌が赤くなった経験があります。

ネットで調べても、危険だから使わない方がいいという意見と、肌のターンオーバーをうながす有効な成分だという意見に分かれています。

一体どっちなの?

今日は、取り沙汰されることの多い成分、レチノールについて検証してみたいと思います。

美容と健康の情報はこちらを参考にしていますハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   こちらもよろしく


続きを読む

2014.10.03

頬が赤いのは敏感肌だから!あきらめないで、改善できます

私の肌は生まれつき薄くて、頬に血管が薄く透けて見えます。

子供の頃はリンゴほっぺちゃん、おとなになってメイクをするようになってからは、「チークがいらなくていいわネ」などと言われていました。

赤み.jpg

でも、赤いほっぺが可愛いのは若いころだけ。20代も後半になるとコンプレックスになってしまいました。

当時はグリーンやイエローのコントロールカラーを使っていたのですが、40代の後半からはコンシーラーで消していたんです。

エステにも足しげく通ってネ・・・涙ぐましい努力をしてきました。

エステでは、「暑いお湯と冷たい水で交互に洗うように」とか、「顔をパシパシ叩いて、肌を鍛えましょう!」なんて言われたんですよ。

これは絶対にやっちゃダメです。肌を鍛えるなんてウソ、ウソ。お肌はとことん優しくしなきゃダメなの。

いろんな美容情報に振り回されて、でも、ちっとも良くならなかったんです。

それがネ、最近では赤みがずいぶんやわらいで、ファンデーションだけでも目立たなくなって来たんですよ。

ナニナニ、歳をとって面の皮が厚くなったんでしょうって?

まぁそうかも知れないけど・・・理由は他にもあるみたい(^^)

美肌情報はこちらを参考にしていますハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   こちらもよろしく


続きを読む
FXの仕組み