真珠.png

2015.01.03

肌にハリをもたらすコラーゲンの正体とは?

皮膚は真皮と表皮の二重構造になっていますね。

今日は、その真皮に存在するコラーゲンのお話です。

先日、ニッピコラーゲンのナチュラルモイスチュアオイルのレビューを書いていたときに、「コラーゲンは熱で抽出すると、三重らせん構造が破壊される」、しかも、「今までは熱で抽出する以外に方法がなかった」と知って、もう少し詳しく知りたくなりました。

その時の記事はこちらです⇒乾燥から来る肌のかゆみを解消するニッピコラーゲンのナチュラル モイスチュア オイルのレビュー

調べてみると、コラーゲンの三重らせん構造が破壊される温度って、なんと、40度だということが分かりました。

それを破壊せずに抽出して、ニッピコラーゲンSCLというパウダーにしちゃった潟jッピの技術ってものすごいものなんだなぁ・・・特許出願中と書いてあったけど、なるほど!と思ったのでした。

それじゃ、スーパーで売っている「コラーゲンボール」ってなんなの?

美容と健康の情報はこちらを参考にしていますハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   こちらもよろしく


続きを読む

2014.12.20

シワやたるみが起きるときって肌の中で何が起きているの?

年齢を重ねると、どうしてもシワができるし、たるみも出現して、ほうれい線やマリオネットラインができるのは仕方がない・・・と思っていませんか?

確かにある程度は仕方がないにしても、ギリギリまで食い止めたいのが女ごころ・・・ですよね〜(^^)

ならば、まず敵を知ることが大切だと思うんですよ。

敵はその仕組をしれば、味方になるかも知れないでしょう?

知ることで対処の仕方も見つからというわけです。

今日は、肌の仕組みと、シワやたるみが出現するメカニズムについて書いて行きますね。

美容と健康の情報はこちらを参考にしていますハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   こちらもよろしく


続きを読む

2014.08.05

日経新聞で紹介されたナールスミントに配合されているナールスゲンは期待のアンチエイジング成分

7/24の日経新聞「キャンパス発この一品」で、「コラーゲン生成促す化粧品―京都大 皮膚細胞を活性化させる」というタイトルで、ナールスゲン配合の化粧水ナールスミントプラスが紹介されました。

ナールスピュア-8.jpg

ナールスゲンといえば、このブログでも紹介しているナールスピュアに配合されている成分じゃないですか!
ナールスピュア☆特別モニター募集中♪

ご本家が化粧水を出しているなんて、興味ありますよね(^^)

さっそく調べてみました。
(株)ナールスコーポレーション

全成分はナールスゲン、ハッカ油、エタノール、精製水という超がつくほどのシンプルさ。

ハッカ油とエタノールです〜っとさわやかなのかなぁ・・・

でも、これいくらなんでも変じゃないですか?

クリックで応援して頂けると嬉しいハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   こちらもよろしく


続きを読む
FXの仕組み