真珠.png

2014.11.07

カネボウ美白化粧品問題のその後と化粧品トラブルを避ける方法

綺麗になりたいと望む日本人女性を震撼させたカネボウの美白化粧品問題・・・問題というよりも、事件と言った方がしっくり来るくらいの出来事でしたね。⇒クローズアップ現代・「カネボウ美白問題」で知ったずさんな化粧品開発の実態

白斑が出来てしまった人は、19,388人。

2014年9月末時点で、完治または、ほぼ完治した方は8,784人だそうです。

当時は、細胞レベルで障害を受けているので、回復は望めないとさえ言われた白斑でしたが、良くなっている方がこんなにいらして少し安心しました。

とはいえ、まだ1万人以上の方が、回復していないのも事実なんですよね。

本当に怖い事件です。

どうしてこのことに触れるかというと、私自身、化粧品を使ってかぶれたことが何度かあるんですね。

でも、保証してもらったことなんてないから、自分の肌は自分で守らなきゃ!と思ってきたのです。

今日はそんな経験も交えながら、カネボウ美白問題や、新しい化粧品を使うときに気をつけたいことなどを書いて行きたいと思います。

美容と健康の情報はこちらを参考にしていますハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   こちらもよろしく


続きを読む

2014.08.21

ピーリングでお肌ツルツル♪は本当に50代の肌を美しくするのか?

ピーリングによって、古い角質を取ってツルツルの素肌を手に入れることができますよ♪

さらに、ピーリングによって、肌のくすみや、シミまで取れるなんて聞いたら、すぐにでも、何度でもやりたい!って思っちゃいますね^^;

もっとよく聞くのは「古い角質を取って、肌のターンオーバーを促進しましょう♪」

どれも魅力的な言葉ですね?

では、私たちの肌にはわざわざ取らなきゃならないほど、古い角質が本当に貯まっているのでしょうか?

通常28日と言われるターンオーバーの周期は本当に遅くなっているのでしょうか?

肌に関する情報はたくさんあります。

こんな真逆とも思える言葉も聞いているのではないですか?

肌は繊細です。こすることは肌を痛めます。石鹸洗顔は肌に負担になります。

こするだけでも傷ついてしまうほど繊細なのに、ジェルや石鹸でピーリングして大丈夫なのでしょうか?

実は、アルマードさんのセミナーで、卵殻膜のお話をして下さった東大名誉教授の跡見順子氏が、最後の最後に「ピーリングをしてはいけません!」とおっしゃったんです。

そのセミナーの様子はこちらです⇒東京大学と(株)アルマードの産学共同研究で判明した卵殻膜(たまごの薄皮)の実力とは?


もう終わる時間だったので質問はできなかったのですが、その言葉がずっと引っかかっていました。

それで、少しずつ調べていたのですが、どうもピーリングは危険らしいという結論に至ったので、今日はその事をご報告しますね。

美肌情報がイッパイですハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   こちらもよろしく


続きを読む

2014.02.18

緊急報告 カネボウ以外の美白化粧品でかぶれ

去年は、カネボウの美白化粧品問題が話題になり、怖かったですね。

美肌を目指して、良かれと思っている化粧品が
かえってトラブルを引き起こし、肌をボロボロにしてしまう…

そんなことは、絶対に避けたいですよね!

私はあれからいろいろと調べたり、テレビで特集をするときにはなるべく観るようにして、情報を集めました。
もっとも共感したのは、NHKのあさイチに出ていた医師のお話でした。
⇒ 美白化粧品 怖いのはカネボウだけじゃない

その結果、このブログでは、美白化粧品はオススメしないことにしたんです。

それなのに!

先日、友人が美白化粧品を使って、肌かぶれを起こしてしまいました…

カネボウではない、別メーカーの美白化粧品なのですが、
誰にでも起こりそうな、他人事とは思えない「トラブル」だったので、
お知らせしておきたいと思います。

↓クリックで応援して頂けると嬉しいですハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


続きを読む
FXの仕組み